脳神経内科

アルツハイマーや手足の痺れなどにお悩みの方には、

脳神経内科の専門医師が検査を行い、

適切な治療計画を作成します。

脳神経内科とは

脳神経内科では、脳・脊髄・神経・筋肉の病気を対象としています。症状としては、痺れ・目眩・力が入らない・歩きにくい・ふらつく・むせる・話しにくい・考えられない・覚えられない・頭痛・手足がコントロールできない、などがあります。

検査・治療

症状が同じでも、その原因が脳や神経にあるとは限りません。そのため、まずは検査によって原因を突き止めることが重要になります。その上で、骨や関節が原因なら整形外科に、頭部手術などが必要な場合は脳神経外科に、精神的な原因がある場合は心療内科に紹介します。当院では、特にアルツハイマーによる手足の痺れを中心に診療をしており、お薬によって症状の進行を遅らせるようにしています。

医療法人 正務医院048-936-7422top_img11_spimg.png
クリニックニュース 当院の求人情報 内視鏡情報.net