2010.05.17更新

大学病院等にも採用されている最新式のマルチスライスCTを導入することにより、以前に比べて撮影時間が短く、放射線量も少なくなりました。

また、症例によっては3D画像の処理が可能であり、脳血管3DCTアンギオグラフィー、DIC―CT(胆のうの3DCT)、大腸の3D画像、肝腫瘍検査(ダイナミックCT)なども可能です。



 

投稿者: 医療法人正務医院

医療法人 正務医院048-936-7422top_img11_spimg.png
クリニックニュース 当院の求人情報 内視鏡情報.net